法人向け専門中国語語学レッスン

日本と中国の関係

日本と中国の関係

中国は我が国にとり最大の貿易相手国であり、中国において我が国の対中直接投資額は第3位及び進出企業数は第1位であるように、日中間の経済関係は緊密かつ相互依存的となっています。また、世界第2位及び第3位の経済大国である日本と中国両国の経済関係は、世界経済全体にも多大な影響を及ぼします。日本としては、両国の経済関係を発展させ、経済面においても、「戦略的互恵関係」を推進しています。

このように、日本と中国との経済交流・文化交流は、現在、強く結びついている状況にあります。 様々な摩擦はあるものの、隣国同士であることもあり日本と中国は切っても切り離せない間柄と言っても過言ではないでしょう。

そこで日本企業に立ちはだかるのが「言語の壁」。
我々GLOBiCは、「法人向け専門 中国語レッスン」をご提供しています。
新たに中国との取引を始めたいが、中国語話者がいない法人様
既に中国と取引があるが、中国語を話せるスタッフが不足している法人様
中国語話者のお客様を頻繁に接客するが、中国語を話せるスタッフが不足している店舗様

に対し、
「明日からビジネスシーンで使える中国語」
「即戦力で役立つ自社業務に即した中国語」

を中心に「仕事に役立つ中国語の習得」を目指したレッスンプログラムをご提供します。

完全法人向け!多言語の語学レッスンに対応!

ポイント 継続率UP!「企業内語学レッスン」
継続率UP!「企業内語学レッスン」

「社員の語学スキルを高めたい」「外国語話者を増やしたい」ということで社員の方々を英会話スクールに通わせる、通信教育を始める、等の方法をとってみた所、 「会社帰りに通うのは大変…」「休日に通うのは体力的につらい…」 等、日々忙しいビジネスマンが継続するには並々ならぬ意志と根気が必要となり、結局は中途半端になりがちです。 そこで、GLOBiCは「企業訪問型のレッスン形態」を採用しています。 決まった曜日・時間に講師が貴社にお伺いしますので、通学形式で語学を学ぶよりも時間的にも体力的にも負荷が少なく、継続率が高まります。 また、レッスンを行う場所は「会議室」「面談室」等、レッスン可能なスペースであれば場所は問いません。 お近くのお店でレッスンするということも可能です。

ポイント 1名~5名までの無記名型レッスン
1名~5名までの無記名型レッスン

仕事をしながらであれば、時には商談が長引いたり、出張と重なってしまったりと、レッスンの日時と上手くかみ合わない時もあります。 GLOBiCなら、安心の無記名型レッスン。1レッスンに対し5名までならどの社員様がレッスンに参加してもOK! 普段は受講していない社員の方が代わりに参加することで、語学習得意欲に火が付くこともあるはずです!

ポイント 多言語対応!幅広い言語スキルの向上
多言語対応!幅広い言語スキルの向上

GLOBiCは英会話だけでなく、ヨーロッパ諸国、東南アジア諸国、中東アジア圏の言語まで幅広く対応しています。 「取引先国の拡大に伴い、他の言語も習得したい」というニーズに対応できるので、貴社における将来の事業展開にも柔軟に対応致します。 ※言語・時期によってはお時間を頂く場合がございます。ご了承下さい。

プログラム例

  • 基礎研修プログラム
    (初級者向け)

    基礎研修プログラム(初級者向け)

    簡単な電話対応やEメールの文章作成など「基本的なワード・センテンス 」中心のプログラム。

  • 業種特化研修プログラム
    (中・上級者向け)

    業種特化研修プログラム(中・上級者向け)

    「ビジネスの現場で役立つセンテンスを最短距離で習得する」 ことを目指す実践的プログラム。

  • 中核社員研修プログラム
    (上級者向け)

    中核社員研修プログラム(上級者向け)

    中核社員向けに直接の営業交渉からミーティング、契約までの語学力が身に付く実践的研修プログラム。

下記は、あくまでも一例になります。
初級者向けのレッスン内容から、中級者・上級者向けの語学強化まで、法人様毎にご要望と目的をヒアリングさせて頂き、
貴社にピッタリのプログラムで対応させて頂きます。

言語について 中国語は、中華人民共和国・台湾・シンガポールで公用語として使われているほか、世界各国にいる華僑・華人たちの間でも話されています。 中国語を母語とする人は約12億人、第二言語としても約2億人いるといわれており、世界最大の話者人口を有しています。 国際連合における公用語の一つとされています。 中国には多くの地方語があり、北京語と広東語と上海語では発音、語彙、文法ともに大きく異なります。 その為、普通話しか話せない人が広東語などの地方語を聞いてもほとんど理解できません。 しかし書き言葉は多くの部分で共通しているので文章の読解は比較的容易にできます。 国民の意思疎通を容易にするため、中国中央政府の標準語政策により、北方語の発音・語彙と近代口語小説の文法を基に作られた「普通話」が教育や放送で取り入れられ、標準語とされている。 一般的に、全人口の7割程度が普通話を理解するといわれ、方言話者の若い世代は普通話とのバイリンガルとなっていることが多いです。 台湾においても「國語」 (「普通話」とほぼ同じで相互理解は可能だが音声と語彙に差異がある)による義務教育を行ってきたが、現在では台湾語、客家語、原住民諸語の学習時間も設けられています。
話される国 中国、台湾、シンガポール、マレーシア、インドネシア、タイ王国など および世界の華僑居住区
地域 東アジア・東南アジア
母語話者数 13億人以上