イネイブル株式会社

マーケティング・営業担当

小川雄也

英語力の習得は会社の最重要課題。
まずは、社員全員が英語力を磨ける環境づくりを

―― 英会話レッスン導入を検討された背景を教えてください

取り扱っている製品が海外のメーカーのものが多く、英語での問い合わせが必要だったり、また自社製品の販売展開においても英語での商談の機会がありました。英語でのやりとりもメールのみならなんとか対応できていましたが、その他にも定期的なアメリカへの出張があり、社長以外の社員は英語が話せない状況でした。 英語が話せないと商談時に足元を見られてしまうこともあり、会社としても今後の業務拡大のためには英語力は必須条件だという意識になってきました。国内にいると英語力を磨く環境がないため、英会話レッスンの導入を検討しました。



―― 英会話レッスン導入後の効果はいかがですか?

まだアメリカへの出張は行ってないので現地での効果はわかりませんが、2週間に1度の電話会議では、今までは呪文のように聞こえていた英語が今では少し聞き取れたり、単語だけでも拾おうという意識が芽生え、以前より前向きに参加できるようになったと感じます。 また、個人でも帰宅後に自主的に英語で話す機会を作るようになるなど、英語に対する苦手意識が無くなり積極的に取り組むようになりました。 以前は英語会話レッスンは個人的な取り組みだったので中途半端になることも多かったですが、会社として導入することにより、半ば強引に環境が整いました。会社の仲間と一緒にレッスンすること自体が楽しく、また外国人講師の先生とコミュニケーションをとるのも楽しいです。

―― 授業内容や講師・受講者の様子はいかがですか?

外国人講師の先生がとても陽気で明るく、コミュニケーションとるのが楽しいです。 日本語も上手なので、英語と日本とのニュアンスの違いやイメージなどを日本語でフィードバックしてくれてためになります。 レッスンでは冗談も多く、また先生が生徒のキャラがうまいのも相まって、常に笑っているので本当に楽しいです。高校生の時は授業時間が苦でしかなかったですが、今では45分があっという間でもう終わったんだ!という感覚になります。また、レッスンでは毎回様々なアイテムを持ってきてくれるので飽きがこないです。私自身も以前教職についていた際に、いつも子どもに飽きさせないように授業を工夫していたのですが、その時の経験からみても授業がとても分かりやすいです。