TOTO株式会社

人財部 グローバル人財G

上谷俊介

海外でのシェア拡大を見越して「グローバル化に対応できる風土」を社内に

―― 英会話レッスン導入を検討された背景を教えてください

TOTOでは、現在はアメリカやヨーロッパ、アジア諸国に生産・販売拠点があり、将来的に海外売上比率が5割を超えることを見越しています。事業のグローバル化に伴い、語学力向上の重要性が高まったため導入を考えるようになりました。



―― レッスン導入の目的は何でしたか? 一般的には、実践的な語学力の育成などが考えられますが

いいえ。実践的な会話力や専門用語も必要ですが、最優先にしたのは準備段階として「社内全体にグローバル化に対応できる風土をつくる」ということでした。シンプルに言うなら「外国人とのコミュニケーションに慣れる」ということでしょうか。海外シェアが拡大すれば、本社や各地の事業所内でも、外国人の取引先やスタッフが歩いているのが日常の光景となるでしょう。その際にすぐに高度な語学学習に入っていけるよう、まずは場を整えておきたいと考えました。

―― まだ英語や海外の人に慣れていない方が多かったのですね。
では、初心者にレッスンに参加してもらうよう、工夫した点は何ですか?

まずは最初の一歩を踏み出してもらうために、「1回からでも」「どの回からでも」参加できるようにしたことです。また、受講者は急な出張が入ることもあるので、2営業日前までなら「キャンセル可能」というシステムにしてもらいました。今後はスマートフォンでレッスンの予約ができるので、すき間時間や帰宅後など「思い立ったときにいつでも」申し込みができるのも、受講を後押ししてくれると思います。



―― 数ある英会話講師派遣会社の中から、グロービックに任せていただいた理由は?

実は前述の「1回から受講できる」というシステムは、あまり一般的なレッスン形態ではなく、大手の語学学習業者では実現が難しいとのことでした。「10回でこのテキストを1冊終わらせる」というように、長期的・体系的にカリキュラムを組んでいるからです。 複数の業者に断られてしまい行き詰っていたところ、グロービックさんがそれを迅速に実現してくださいました。担当の方が、何度も東京から福岡の弊社まで足を運んで、プログラムづくりに注力してくださったことも大きいです。
また、他の語学学習業者よりもコストが低く、弊社側の負担はほぼゼロです。しかし、レッスンのクオリティは、設定金額を上回るものとなっている印象です。無理なお願いや特殊な要望にもしっかり対応してくれる、それがグロービックさんの強みだと感じています。



―― 授業内容や受講者の様子はいかがですか?

講師の選定にあたっては、「全員外国人の方で」と条件を出したほかは、グロービックさんに安心してお任せできました。講師の皆さんは、とても気さくでやさしく、できない人に合わせて進めてくれています。テキストも使いません。なので、苦手意識のあった人でも安心してレッスンを受けており、積極的に発言している印象です。 正社員だけでなく、派遣社員やパートさんも受講料を払って参加しており、語学学習に対するモチベーションも少しずつ上がっていくことが期待されます。 

―― 今後の展望を教えてください

社内でもイントラネットに学習支援サイトを設け、受講への啓蒙と支援を全面的にスタートさせました。2018年中には、受講者を1000人規模に増やすことを目標としています。全国に事業所のある弊社としては、グロービックさんの登録講師ネットワークの広さにも期待しています。 弊社のようなケースでなくても、語学学習に課題を抱えていたり、大手の業者には断られてしまったというご担当者さんは、まずはグロービックさんに悩みをぶつけてみるのも一つの手かと思います。