こんな”言葉の壁”でお困りではありませんか?

業種別導入想定

接客
/サービス業

  • ●外国人観光客への応対、クレーム対応
  • ●必要とされる言語の多様化
  • ●新しいサービスの開発・普及 など

2020年の東京オリンピック開催に向けて、海外からの観光客増加は必須。 その観光客と接する機会が最も多いのが、ホテル・飲食業・観光業の方々です。 「今までの英語対応スタッフでは人数が足りない」 「英語以外の言語で対応することが増えた」、 そう実感している企業様も多いかと思います。 自国語に対応している施設は、 インターネットやガイドブックを情報源にその国からの集客が期待できます。 例えば英語一つとっても、接客スタッフの語学力の底上げが、 業績を左右すると言っても過言ではありません。

GLOBiCにできること

従業員のシフトにあわせた「フリーメンバー制」のレッスン
融通の効く環境で、外国語での「顧客対応力」を底上げします。

GLOBiCでは、講師が店舗や施設に直接伺ってレッスンを行いますので、 従業員の皆さんがシフトの合間に気軽にレッスンを受けることができます。 「まずは、"基本的な接客会話"を幅広い従業員に習得してほしい」という場合は、 「フリーメンバー制」でのグループレッスンがおすすめです。 レッスンを受ける方が固定のメンバーである必要がないので、 定員の範囲であれば毎回違った方がレッスンを受けることが可能。 シフトや忙しさに合わせて参加不参加を選択することができるので、 通常業務への負担をより少なくした形で語学の習得ができます。
初級レベルの方が多い場合は、日本人講師のレッスンも可能です。 テーマは、貴社の業務で想定されるシチュエーションをふんだんに盛り込んでいきます。 例えば「ホテル」なら観光案内や部屋の設備についての説明、 「飲食店」なら予約対応、料理の説明、「小売店」なら商品の説明や配送対応など、 習ったその日から業務に活かせるレッスンを行っていきます。
電話での基本的な応対・マナーについても身につけられるので、 貴社のイメージアップにもつながるはずです。 もちろん、高度なビジネス会話や、限られた固定メンバーでのレッスンも可能です。 カリキュラムは、貴社の状況やご要望に合わせて作成します。 ご提案は無料ですので、まずはお気軽にお問い合わせください。

<対応言語>
英語(英会話) 中国語 スペイン語 ポルトガル語 フランス語 ドイツ語 イタリア語 韓国語 ロシア語
アラビア語 ヒンディー語 トルコ語 ベンガル語 スワヒリ語 他多数